宿題免除~先生に了承を得ていてよかったこと~

家庭訪問の時、もしクラスメイトに宿題をしていないことを指摘されたら
先生からも子供たちに家庭の事情で・・・と説明してほしいことをお願いしていました。

そしたら・・・
朝、先生が教室へ行くと、ポンが宿題の文字を1つしか書いていないと
クラスメイトたちが話に来たそうです、
先生から、お母さんとポンとで決めてそのようにしていることを伝えて下さったとのことでした♪
ポンも自分でお友達に聞かれたらちゃんと説明すると話していたというので
ポンが困らないようにしてあげたいと思う。とのご連絡をいただきました。

いい先生で本当によかった(*^-^*)

今までは、宿題アレンジを認めてもらったものの
私が宿題を空白で出すことに抵抗があり、マシーンを稼働していたのですが
だんだん面倒になりw
宿題を家に置き忘れていたり、ポンが1文字だけ書いたりしていたので
そのまま学校に持って行くようになっていました。

明日の準備を、すべての教科書を持って行くことで回避しw
宿題は「1文字だけやっていい?」とやりたければ
自分の名前とひらがな数文字だけやっているのですが
名前の一文字がうまく書けた♪など、名前も丁寧に書くようになりました!!

学童から帰宅後に宿題が本当に大変で・・・というお母さんに伝えましたが
『いいな~』だけの返事
お母さんが覚悟を決めれば、宿題をしなくて大丈夫になりますよ!
心のために、しないほうがいいよ~

コメント

非公開コメント

No title

協力的なよい先生ですね^^そしてポン君強い!そしてちょみさんもう他のお母さんに宿題制限の話をしていてやはり強い!羨ましいです。
私は小心者で中々宿題制限していることは今の小学校のお母さんには誰にも話していません><

宿題の事でうちも似たような事が先日ありました。ミッコロの希望は出来ればお友だちに知られたくない。どうしても知られてしまった時にはうまく言うからというもの。そんな中、先生が束になっている宿題のノートを持ちながら、宿題をして来た人の名前を読み上げるというのがあるらしく、ちょうど他の人のノートとノートの間に「ミッコロちゃん」と名前を呼ぶんだそうです。

つまり宿題をしていないことを他の子にばれないように先生が工夫して協力してくれている。本当に有り難いです。
お互い良い先生で良かったですよね^^

No title

loveさん、コメントありがとうございます!
どんぐりに共感してくれる方が周りにはいないため、いただくコメントが支えになっています。

ミッコロちゃんの先生、とってもステキですね(^^♪
どんぐりを知ってからずっと対策を考えてきた宿題でしたが
あっさり承認してしてくださる先生もいるので、宿題バトルをしている親子に
知ってもらいたかったのですが・・・
親に宿題をしないという選択肢がないようでなかなか難しいです(+_+)

No title

はじめまして
どんぐり3年生です。
はじめは探り探りだったので、完全なる宿題マシーンになってからは一年半位です。

子供は中1、小4、小1です。
マシンは辛いですね。
辛いです。そして孤独です。

新年度を迎え、担任の先生も変わりましたが、私は先生に言う勇気もありません。
覚悟もないヘナチョコです>_<

昨年、緊張で大汗かきながら宿題を減らしたいと言ったら、(上の子が6年の時)
「誰でもできる最低限の宿題しか出していません。」
と言われ撃沈しました…それ以上は何も言えなくなってしまい…
字体が違う事を指摘され学校で書き直しさせられた事もあるそうです。
面倒な変な親子と偏見の目で見られる様になるのが心配なのだと思います。
先生の間でも『へんな事言い出した親がいる』と噂になるでしょうし、
せっかくいい関係を築いてきた先生方にも嫌われたくなくて。

しかし、字体を似せる為に気も使いますし、新一年生の字体は芸術的で難しい!
あと6年宿題をやり続けると思うと、途方に暮れます(u_u)


どんぐりは、気軽に悩みやどんぐりの事を誰にも相談できない環境に、心がくじけそうになりますが、そんな時はブログいつも参考にさせていただいています。
(サラッと、『某計算教室行き始めたんだ〜いいよ〜!オススメだよ〜』って言える人達が羨ましい。)
頑張るしかないです^ - ^!!

Salさんはじめまして

宿題・・・頭の痛い問題ですよね(;_;)
私はどんぐりを知った年中からずっと宿題対策をどうしようかと
悩んでいたのですが、あたって砕けろ!で行動し、たまたま話の通じる先生で
了承を得られた感じです。
隣のクラスの先生でしたら無理そうなので、ただラッキーだったんだと思います。

今後、宿題制限を受け入れてもらえなかったり
宿題マシーンで字の書き直しをさせられるのであれば
親と先生の間で子供が板挟みになることだけは避けたいので
漢字を何回も書く宿題なら、2文字くらい子供に書いてもらい、その文字を透かしてなぞる!
算数なら答えを横から教え、ただ数字を書いてもらう!!
ですかね。。。
子供を守るためとはいえ、小学生であるお二人分の宿題となるとゲンナリしてきちゃいますね

宿題で悩む友達に話しても、将来嫌な事でもやらなきゃいけないからと
『宿題=やらなければならないこと』と多くの親や先生が思い込んでいるので
宿題をさせないという私は突拍子もない行動をする変な親扱いです(+_+)

今まで数名の友達にどんぐりを伝えましたが、響く人はおらず
自分は合っているのか、このまま進んでいいのか不安と孤独でいっぱいになります💦

Facebookはされていますか?
【どんぐらー親の会】という所があり【どんぐらー親の会分会】が
お住いの地域に近ければ宿題と格闘している方と直にお会いできると思いますよ!
私は残念ながらどこも遠いので、どんぐらーの先輩にお会いできることを切望しているところですw

同じ悩みをもつ方がいらっしゃり心強く感じています!
コメントありがとうございました♪

ちょみさん、お返事ありがとうございます!

色々な方のブログは拝見させていただいておりますが、コメントを投稿したのは初めてで、
この様にお返事頂けてとても嬉しいです!

高学年になるとドリル1ページの宿題だとしても20問の計算を解かなくてはいけなくて、途中計算も記入すると、ノート3ページくらいになってしまうので、毎日、「紙と鉛筆と時間と精神の無駄遣いだなぁ、やめたいなあ」と思いながら、やっていました。


テストの間違い直しも、学校では「間違いを消しゴムで消して、その場で直す」が当たり前なので、
「何ヶ月か熟成させて、本当に理解できたか確認したいので間違いは消さずに、直しは夏休みにさせたいです」と先生にお伝えしました。了承はしてくれましたが、
担任の先生が何気なく「あ、そっか、○○さん(うちの子)は間違い直しは出さなくていいんだった」などと口にしたり、字体が違うのではないかと担任が隣のクラスの先生に相談しに行ったり、娘がが苦し紛れに「お母さんがやってみたいというからここだけお母さんが書きました」と言ったら「面白いお母さんだね…」と言われた等、
思春期の娘にとってはちょっとした事でも人と違う扱いをされるのが嫌だと思うでしょうし(わかってはいても、言われるのはやはり嫌なものは嫌)
マシンはマシンで子供に苦悩を与えてしまう部分もあり、

最後の3ヶ月くらいはこっそり本人でやっていました、6年生だし、もういいか…と私も気が抜けてしまった事もあり。

悪い先生ではないですが(逆にいたって普通の先生)
「うちはさせません!」と断言をせずに、のらりくらりかわすという事は難しいなと感じました。

今は小学校を卒業して、
下の子2人はプリントのマス計算なのでドリルの宿題は一旦お休みですが、
来年にはまた先生が変わってドリル復活するのかな、と思うと、、>_<フウ。

堰を切ったように愚痴の様に書いてしまいすみません。

自分も勇気を出して楽になるか、マシンに徹するか、、
悩みます。

どんぐらー親の会は存じ上げていて気になってはいましたが、
フェイスブックをやっていないので、
どんぐりのためだけにアカウントを持つかどうしようか?
と思っていました^ ^


これからも、参考にさせていただきます!ありがとうございました!









Salさま

想像以上の宿題の量に驚きました
高学年・・・恐ろしい( ゜Д゜)

本当に大変でしたね
その頑張りに敬服いたします(ノД`)・゜・。

こんなにみんなを悩ませる宿題って
何のためにあるのでしょうね?

うちの子は1年生だから私に従ってくれますが
だんだんみんなとの違いに悩んでいくかと思うと今から
うわぁ~と思いますが、健全な不登校も視野に入れつつ
心の安定第一なのですかね。

と思う一方で現実は、些細なことで私がイライラしてしまい
環境設定がズタボロ
理想と現実の差がはげしく、いつもニコニコしているお母さんの
極意が知りたいです(切実)

どんぐり問題には取り組まれていらっしゃいますか?
問題の添削がてら、金森先生に相談したら何か糸口が
見つかるかもしれません!!
Gフォレスト新松戸校ブログ


確か、中1と小学生と年長さんの男の子がおり
学校にボランティアで入られたりと、色々戦ってらっしゃいます!
生徒さんの保護者の方も宿題で悩まれているので学校の現状を一番ご存じ
なのではと勝手に思っていますw

どんぐり問題の添削は動画でビックリしましたが
自分の絵を直接褒めてもらって子供はうれしいようです。

Facebookはいまいち使い方がわからないのですが
どんぐりに取り組んでいて悩んでいるのは私だけじゃない!という
心の支えのためにアカウントを持っているので、どんぐり以外はやっていません。

夏休みの北海道で講演会?もあるようですし、東北はすっぽ抜けているようですが
全国に輪が広がって いるので、少しでも孤独や苦悩が軽くなればと思います!

私も軽くないた~い
福岡遠い~東京遠い~北海道遠い~よ~
でも海外で頑張っている人もいる!・・・と思うと近いのか?
支離滅裂、失礼しましたw

No title

金森先生は、現在も添削を受け付けされているのですか?

実はどんぐりを知る事になった、一番初めのきっかけは金森先生のブログに辿り着いた事でした。
なので初めの1年半くらいは、金森先生が本家だと思っていて、こちらの計算問題を
ずっとやっていて、(とても面白いですよね!)
色々と調べているうちに、どんぐりが本家だとわかり、過去ログで勉強しながらの時期もあり、
一年ほど前から本家のどんぐり問題も導入し始めました。

環境設定って、ポワンとしていて一番難しいですよね。
テレビ、ゲームの制限なんかは明確なのですぐにできましたが、
子供が問題を解くようすをみる。よーくみて、、、で?
私は具体的にどうしたらいいの?
正解がわかりづらい。正解があるのかないのか自分のしている事が正しいのか間違えているのか、
添削って具体的にどうすればいいの?
子どもはどんぐりっ子に育っていっているのか?
わかりづらい…という悩みも絶えません^^;

よそのお母さんって、本当にみんないつも穏やかで素敵なママに見えますよね。
でも、皆さんに話をよく聞いてみると、それぞれ抱えている事は結構みんな同じなんだなって思います。
怒りたくないのに、ついイライラ、言わなきゃいいのに余計な一言まで言っちゃう…
お子さんの性格や年齢でも違ってくると思いますし。

私は、子どもに何か言われたら、とにかく「いいよ!」と言ってから、条件を伝える。
という事を今まさに取り組んでみようと思っていたのですが、
「えー今?ヤダ…」って、早速即答してしまいました…m(_ _)m





Salさま

Σ(゚д゚lll)ガーン
『動画添削の新規募集はいったん停止します』と
ブログに書かれていましたね(´;ω;`)ウゥゥ

最近、公演のために全国を飛び回っておられるので
そのせいでしょうか。

金森先生の問題とっても面白くて素敵です!
最初は迷ったのですが糸山先生のアルスくんに添削を受けたこともあり
学年が上がるごとの仕掛け?も気になるので
今はどんぐり問題に取り組んでいます!
いつかどんぐり仲間と子供が出会ったとき、共通問題を解いたという
思い出で意気投合できたらいいな~なんてw

環境設定の件、本当におっしゃる通り!
テストの点数であれば目に見えて評価でき、とても楽なのですが
求めているのは考える力だったり、心の安定だったり
目に見えにくいものばかりなので、そこが悩みになりますよね。

全国どんぐり子育て相談窓口一覧というサイトがありました!
http://n-room.com/donguri-partner/

私はくじけそうなとき『アンカラママの子育て2』のHPを見て
感銘を受け、希望をもらっていますよ☆

とにかく「いいよ!」と言ってみる
私も今日から意識してみたいと思います(^^♪

日々の小言を減らさないと💦
ありがとうございました!