週末の外遊び(7/2) ~ほたる観察会~

週末、ポンが発熱(汗
私も金曜日から体が動かず、土曜日もずっとごろごろ

ちょっと平日飛ばしすぎたようです。

19時~ホタルを見るイベントがあり
それに向けて全員でお昼寝して挑みました。

どこにでも街頭があるため、真っ暗を体験しにくい現代
ホタルはLEDの光によって産卵や幼虫の行動に悪影響を
与えてしまうそうなので、暗闇に目を慣らすことから観察会が始まりました。

人間も動物。
暗闇にずっといるとだんだんあたりが見えるようになってきます。

今回、観察会が行われた場所は人工的に池を作ったところ、ホタルが
住み着いてくれるようになったそうで運が良ければゲンジボタルとヘイケボタルが
見れるそうです。

ヘイケボタル
モノアラガイを食糧とし、水田や池の水が止まっているところに生息

ゲンジボタル
カワニナを食糧とし、流れがある河川に生息
光り方は
西日本のホタルは「2秒に1回」
東日本のホタルは「4秒に1回」発光

違う地域のホタルを連れてきても、コミュニケーションが
取れないことには驚きです。

湿地を歩いて行ったのですが、なかなかホタルがいません。
毎年状況が変わる用で、今年はダメなのかなと残念に思っていたら
「あそこあそこ!」とボランティアさんの声
指さす方向を見ると、ハッキリした光が闇夜に絵を描いていました。

場所を変えるため歩いていくと、ポヨも「いた~」と見つけ
10匹ほどのホタルがあちらこちらで光る幻想的な時間を過ごすことができました。
(見れたのはゲンジボタルでヘイケボタルは残念ながら見られませんでした)

昔はたくさんいたんだよ、瓶に入れて。
火垂るの墓みたいな感じでね。
とボランティアさんが教えてくれました。

ポンとポヨが大人になってもホタルが見られるように
この自然を守っていかないとなと感じました。
ほたる

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。